光回線を使ったお得な電話

IT

電話番号はそのまま

近年、通信コストを節約できるサービスとして注目を集めているものに、IP電話があります。IP電話はインターネット回線を使った電話サービスです。基本料・通話料ともに一般の固定電話より割安だという特徴があります。このIP電話のうち、大手電信電話会社による光ファイバー回線を利用したサービスのことを、ひかり電話と言います。現在、ひかり電話は多くのオフィスや家庭で固定電話に代わって、あるいは固定電話と並行して利用されています。ひかり電話が多くのユーザーに選ばれている理由は、1つはすでに光回線が開通していれば新たな工事不要で利用できること、そしてもう1つは、先にも述べた通り費用が割安だということです。ひかり電話の基本料は、月々500円程度です。これは、固定電話が2,000円以上かかるのと比べると非常にお得です。また、通話料については3分当たり約8円で、市内・市外とも料金は同一です。そのため、遠方の相手に電話をかける機会が多いユーザーほど、通信費の節約効果は高くなります。また、ひかり電話には他のIP電話と比べても有利な点があります。それは、ナンバーポータビリティが可能なことです。IP電話の場合、通常は050で始まる特殊な電話番号が新規に割り当てられます。しかしひかり電話であれば、これまで固定電話で使ってきた電話番号をそのまま継続できます。番号の変更を友人・知人・取引先などに連絡する手間をかけることなく、お得なサービスに切り替えられるというわけです。